日経Automotive 2019/07号

Features3
ボルボとトヨタが使い始めた NVIDIAのAI半導体

 スウェーデン・ボルボ(Volvo)は、2021年を目途に車載電子プラットフォームを刷新する。高性能な車載コンピューターを車両の電気/電子(E/E)アーキテクチャーの中枢に据える「中央型」のシステムに切り替える。自動運転車の頭脳となるAI(人工知能)半導体…(70〜74ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:6056文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる330円
買い物カゴに入れる(読者特価)165円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
エレクトロニクス > CPU・LSI製品・技術 > 素材(半導体関連)
車・機械・家電・工業製品 > 車・バイク(製造) > ITS・自動車情報システム
情報システム > 情報工学 > 人工知能
ビズボードスペシャル > 素材 > 素材(半導体関連)
ビズボードスペシャル > 学術系 > 人工知能
Bizトレンド > キーテクノロジー > AI
Bizトレンド > キーテクノロジー > 自動運転
【記事に登場する企業】
米エヌビディア(NVIDIA)社
中国・小鵬汽車
トヨタ自動車
スウェーデン・ボルボ・カー社
update:19/09/26