日経ビジネス 2019/06/24号

テクノトレンド
074 タンパク質危機を救えるか 環境にも優しい「人工肉」

 人工肉が注目される背景には、世界的なエシカル(倫理的)消費の潮流もある。欧米を中心に菜食主義や動物由来の原料を含む製品を一切消費しない「ビーガン(完全菜食主義)」と呼ばれる人が増えており、生き物を殺傷せずに“肉”を食べたいというニーズが広…(74〜76ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:4175文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる220円
買い物カゴに入れる(読者特価)110円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > 経営方針 > オピニオン・経営戦略
医療・バイオ > バイオ技術 > その他(バイオ技術)
サービス・流通・生活・文化 > 食品・外食産業 > 食材・食品・飲料
【記事に登場する企業】
インテグリカルチャー
不二製油
ムスカ
update:19/09/24