日経デザイン 2019/07号

クリエイターの視点
第15回 中原崇志 建築家/ミュージアムデザイナー
あらゆる要素を統合する力で、情報と空間を一体化させるデザイナー

第15回 東京・お台場の日本科学未来館や、六本木の21_21 DESIGN SIGHT──科学、デザインの領域を超えた意欲的な企画展で知られる施設で、何度も会場構成を手掛けているのが中原崇志氏だ。2014年の日本科学未来館「トイレ? 行っトイレ!〜ボクらのうんちと地球…(8〜9ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:2581文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる165円
買い物カゴに入れる(読者特価)83円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > マーケティング戦略 > その他(マーケティング戦略)
車・機械・家電・工業製品 > 設計・製造(機械関連) > 工業デザイン
【記事に登場する企業】
日本科学未来館
update:19/11/23