日経アーキテクチュア 2019/06/27号

特集 AIで「爆速建築」
施工の自動化 重機を子どものように育てる

深刻な人手不足を背景に、建設会社などが人工知能(AI)の開発を進めている。重機の自動化から施工管理の効率化まで、用途は様々だ。人海戦術でこなしていた作業を機械に任せれば、現場の生産性が飛躍的に向上する可能性がある。(36〜39ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:3986文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる275円
買い物カゴに入れる(読者特価)138円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

この特集全体
特集 AIで「爆速建築」(26〜27ページ掲載)
AIで「爆速建築」
特集 AIで「爆速建築」(28〜33ページ掲載)
設計業務の助っ人 AIで設計は“ディープ”になる
特集 AIで「爆速建築」(34〜35ページ掲載)
建築×AI事例マップ 「使えるAI」はどれだ!
特集 AIで「爆速建築」(36〜39ページ掲載)
施工の自動化 重機を子どものように育てる
特集 AIで「爆速建築」(40〜43ページ掲載)
スマート維持管理 「壁や床」に異業種も熱視線
特集 AIで「爆速建築」(44〜49ページ掲載)
まだまだある建築×AI 賃料査定に防災も、進化は続く
関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
建設・不動産 > 施工 > 建設施工技術・ツール
建設・不動産 > 施工 > 土木施工技術・ツール
建設・不動産 > 建設・建築 > 建設施工技術・ツール
建設・不動産 > 土木・都市開発 > 土木施工技術・ツール
情報システム > 情報工学 > 人工知能
ビズボードスペシャル > 学術系 > 人工知能
Bizトレンド > ITとの融合 > 建設テック
【記事に登場する企業】
東京大学
フジタ
update:19/09/26