日経アーキテクチュア 2019/06/27号

特別リポート 法の壁に風穴! リノベ正面突破
宿毛まちのえき林邸 建基法以前の古民家を交流施設に

 設計は、古谷誠章氏が率いるナスカ(東京都新宿区)が担当。意匠では早稲田大学古谷誠章研究室と地元の細木建築研究所(高知市)、構造では東京大学大学院の木質材料学研究室が設計協力者として参画した。 建築基準法施行前の古い建築で、図面はない。(64〜69ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:4429文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる378円
買い物カゴに入れる(読者特価)189円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
この号を購入
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
建設・不動産 > 規格・法令・資格(建設・不動産) > 建設・不動産関連の規格・法令
建設・不動産 > リフォーム・修理 > リフォーム・修理
建設・不動産 > 建設・建築 > リフォーム・修理
ビズボードスペシャル > 法令 > 建設・不動産関連の規格・法令
update:19/08/09