日経コンピュータ 2019/06/27号

特集2 テーマパークテック
テーマパークテック
AIとARでレジャー施設が進化

遊園地や水族館などのテーマパークがデジタル技術を積極的に活用している。AI(人工知能)やAR(拡張現実)といった先端技術とスマートフォンを組み合わせて娯楽性や利便性を高める。来場者データをマーケティングに生かす動きも始まった。(38〜39ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:356文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる165円
買い物カゴに入れる(読者特価)83円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

この特集全体
特集2 テーマパークテック(38〜39ページ掲載)
テーマパークテック
特集2 テーマパークテック(40〜41ページ掲載)
〔1〕 東京ディズニーリゾート
特集2 テーマパークテック(42〜43ページ掲載)
〔2〕 富士急ハイランド
特集2 テーマパークテック(44〜45ページ掲載)
〔3〕 アクアワールド茨城県大洗水族館
関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
サービス・流通・生活・文化 > 行楽 > アミューズメント施設
サービス・流通・生活・文化 > 行楽 > 博物館・美術館・動物園・水族館・植物園
情報システム > 情報工学 > 人工知能
ビズボードスペシャル > 学術系 > 人工知能
Bizトレンド > キーテクノロジー > AI
Bizトレンド > キーテクノロジー > AR/VR
【記事に登場する企業】
オリエンタルランド
富士急ハイランド
update:19/09/24