日経ビジネス 2019/07/01号

時事深層 POLICY
中途解約の違約金が1000円に突如修正 携帯2年縛り規制に「官邸の意向」

政府が昨年来検討してきた、携帯電話料金の値下げに向けたルール案が固まった。いわゆる「2年縛り」を途中で解約する際の違約金上限を1000円とすることなどが柱だ。事実上、「縛り」の意味がなくなる大手からは不満の声も出るが、官邸の出方を読み違えていた面…(20ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:1745文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる110円
買い物カゴに入れる(読者特価)55円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
この号を購入
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > マーケティング戦略 > その他(マーケティング戦略)
通信・ネットワーク・放送 > 携帯電話・PHSサービス > 携帯電話・PHSサービス*
通信・ネットワーク・放送 > 法令・政策(通信・ネットワーク・放送) > 通信・ネットワーク・放送関連の法令・政策
ビズボードスペシャル > 法令 > 通信・ネットワーク・放送関連の法令・政策
【記事に登場する企業】
総務省
update:19/09/24