日経ESG 2019/08号

Cover Story 2 環境ブランド調査2019
■SGイメージランキング
「社会へのインパクト」がブランド価値を上げる

 注目すべきは、4位に入った全日本空輸(ANA)。今年加わったプラスイメージを尋ねる設問「法令を順守する社内の体制が整備されている」で、トヨタ自動車に次ぐ2位に入り、スコアを押し上げた。けん引役として、ANAが昨年公表した日本企業初の「人権報告書」が…(39〜41ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:3606文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる220円
買い物カゴに入れる(読者特価)110円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

この特集全体
Cover Story 2 環境ブランド調査2019(36ページ掲載)
サントリーが3年連続で1位 スターバックス、初のトップテン
Cover Story 2 環境ブランド調査2019(37〜38ページ掲載)
■環境ブランド指数ランキング
Cover Story 2 環境ブランド調査2019(39〜41ページ掲載)
■SGイメージランキング
Cover Story 2 環境ブランド調査2019(42〜49ページ掲載)
環境ブランド指数ランキング上位100社
関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > 経営方針 > 環境方針
企業・経営・ビジネス > マーケティング戦略 > 企業ブランディング
ビズボードスペシャル > 環境 > 環境方針
update:19/11/23