日経Automotive 2019/08号

Features1
日産横浜工場の挑戦

日産自動車が生産現場の技術革新に乗り出した。これまでは内製技術で対応してきたが効果が限られていた。人工知能(AI)や計測技術などのスタートアップと連携することで、外の力を取り込む。主力のエンジン工場である日産横浜工場の挑戦が始まった。(64〜69ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:6944文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる385円
買い物カゴに入れる(読者特価)193円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
この号を購入
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
車・機械・家電・工業製品 > 車・バイク(製造) > その他(車・バイク−製造)
車・機械・家電・工業製品 > 車・バイク(製造) > 生産体制(車・バイク)
Bizトレンド > ITとの融合 > スマート工場・製造IT
【記事に登場する企業】
ATOUN
イノフィス
トビー・テクノロジー
日産自動車
HALVOホールディングス
光コム
update:19/09/26