日経ホームビルダー 2019/08号

特集1 現場省力化で生き残る
現場省力化で生き残る

 住宅建築の現場では深刻な人手不足が続いている。現場監督や営業、設計の人員は1人の業務量が増えて疲れ切っている。工務店が生き残るには、現場の省力化が待ったなしの状態だ。大型パネルによる壁体の工業化やITツールを使った情報共有など、今押さえておくべき現場省力化のトレンドを紹介する。(28〜29ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:490文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる0円
買い物カゴに入れる(読者特価)0円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
この号を購入
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

この特集全体
特集1 現場省力化で生き残る(28〜29ページ掲載)
現場省力化で生き残る
特集1 現場省力化で生き残る(30〜33ページ掲載)
建て方工事 工業化部材で即日上棟
特集1 現場省力化で生き残る(34〜37ページ掲載)
クラウドサービス 大量の現場写真でスキルアップ
特集1 現場省力化で生き残る(38〜41ページ掲載)
バッテリー型工具 コードレスが効率化の武器に
特集1 現場省力化で生き残る(42〜43ページ掲載)
上向き作業支援 つらい姿勢の作業が楽々
特集1 現場省力化で生き残る(44〜45ページ掲載)
ハイテク検査機器 “人力”に替わって維持管理
関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
建設・不動産 > 施工 > 建設施工技術・ツール
建設・不動産 > 建設・建築 > 建設施工技術・ツール
Bizトレンド > ITとの融合 > 建設テック
update:19/07/29