日経アーキテクチュア 2019/07/25号

特集 ポスト平成の旗手たち 後編
地方から発信 独自の木造文化を築く──高知
進取の気質と失敗の共有で 世代を超えて設計者が育つ

地方から発信 「高知の設計者は皆、木造が上手だね」。高知市の設計事務所、艸(そう)建築工房代表の横畠康氏は、あるとき他県の人たちから、そんな言葉を掛けられたという。「そう言われて初めて、『えっ、そうなんだ』と思った」と振り返る。(54〜57ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:3720文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる275円
買い物カゴに入れる(読者特価)138円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
この号を購入
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

この特集全体
特集 ポスト平成の旗手たち 後編(40〜41ページ掲載)
ポスト平成の旗手たち 後編
特集 ポスト平成の旗手たち 後編(42〜47ページ掲載)
強い組織を模索 発注者目線のプロ軍団に 竹中工務店の注目グループ──東京・大阪
特集 ポスト平成の旗手たち 後編(48〜49ページ掲載)
強い組織を模索 日建設計の組織改編
特集 ポスト平成の旗手たち 後編(50〜53ページ掲載)
地方から発信 地の利や地域特性を生かす アジア、世界を見据える──福岡
特集 ポスト平成の旗手たち 後編(54〜57ページ掲載)
地方から発信 独自の木造文化を築く──高知
関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
建設・不動産 > 設計・デザイン > 商業建築設計・デザイン
建設・不動産 > 建設資材・設備 > 建築資材
建設・不動産 > 建設・建築 > 建築資材
建設・不動産 > 建設・建築 > 商業建築設計・デザイン
update:19/11/16