日経コンピュータ 2019/07/25号

特集1 魂揺さぶるVR
魂揺さぶるVR
恐怖・危険・感動をリアルに再現

VR(仮想現実)・AR(拡張現実)の技術が進化し、企業が相次いで業務や顧客サービスへの活用を始めた。例えば社員に事故の恐怖を体験させ安全教育の効果を高める。顧客サービスではフェンス内からの野球観戦や、住宅の新しい販売方法が生まれている。VR・ARの特性を生かし「魂を揺さぶる」取り組みだ。ビジネス現場での活用事例を取り上げると共に、VR・ARを利用するうえで直面しやすい課題と解決策、業務利用に向く最新デバイスの選び方を紹介する。(26〜27ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:405文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる0円
買い物カゴに入れる(読者特価)0円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
この号を購入
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

この特集全体
特集1 魂揺さぶるVR(26〜27ページ掲載)
魂揺さぶるVR
特集1 魂揺さぶるVR(28〜32ページ掲載)
〔1〕 転落・火災・横転… 研修で恐怖を「痛感」
特集1 魂揺さぶるVR(33〜35ページ掲載)
〔2〕 野球観戦・旅行・星空 ゴーグルの中に別世界
特集1 魂揺さぶるVR(36〜37ページ掲載)
〔3〕 性能・費用・開発体制 3つの課題に備える
特集1 魂揺さぶるVR(38〜39ページ掲載)
〔4〕 デバイスは4タイプ 用途に応じ使い分け
関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
パソコン・デジタルギア > ディスプレイ > その他(ディスプレイ)
Bizトレンド > キーテクノロジー > AR/VR
update:19/09/24