日経マネー 2019/09号

特集3 親の資産、万が一に備えやっておくべきこと
親の金融資産、「どこにあるか」だけは知っておこう
個別の資産額は知らなくてもOK

親の急な入院などでお金が必要になった時や親が亡くなった時、一番困るのは、親のお金がどこにあるか分からないこと。金融資産の所在だけは最低限押さえておきたい。 万が一に備えておくのに一番重要なのは、親のメインの預金口座がどの銀行のどの支店にある…(114〜115ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:3112文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる162円
買い物カゴに入れる(読者特価)81円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
この号を購入
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

この特集全体
特集3 親の資産、万が一に備えやっておくべきこと(112〜113ページ掲載)
親の資産、万が一に備えやっておくべきこと
特集3 親の資産、万が一に備えやっておくべきこと(114〜115ページ掲載)
親の金融資産、「どこにあるか」だけは知っておこう
特集3 親の資産、万が一に備えやっておくべきこと(116〜117ページ掲載)
実家の土地や建物でモメないための基礎知識
特集3 親の資産、万が一に備えやっておくべきこと(118〜119ページ掲載)
親に意思表示してもらうためのツールを活用しよう
関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
サービス・流通・生活・文化 > 住まい・暮らし > その他(住まい・暮らし)
update:19/07/31