日経ビジネス 2019/08/05号

ケーススタディー 営業改革
サントリー食品インターナショナル(飲料製造販売) 営業が口を出す、会社変わる

水が国内ナンバー1に──。今年1月、飲料業界で耳目を集める順位変動が発表された。清涼飲料のブランド別年間販売量ではコカ・コーラグループの缶コーヒーブランド「ジョージア」が28年にわたって首位に君臨してきた。(62〜66ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:7311文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる324円
買い物カゴに入れる(読者特価)162円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
この号を購入
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > 人事 > 経営陣・キーマン
企業・経営・ビジネス > 経営方針 > オピニオン・経営戦略
企業・経営・ビジネス > マーケティング戦略 > 企業ブランディング
企業・経営・ビジネス > マーケティング戦略 > 商品企画
企業・経営・ビジネス > マーケティング戦略 > その他(マーケティング戦略)
サービス・流通・生活・文化 > 食品・外食産業 > 食材・食品・飲料
【記事に登場する企業】
サントリー食品インターナショナル
update:19/08/14