日経メディカル 2019/08号

リポート1
“泥沼ピロリ除菌”の背景にA型胃炎
特徴的な逆萎縮の内視鏡所見を見逃すな!

 まれだとされてきたA型胃炎が萎縮性胃炎の原因として最近、注目されている。ピロリ菌感染がないのに尿素呼気試験が陽性となることから、除菌治療が繰り返されてしまう“泥沼除菌”につながりかねないと専門家が注意を促し始めた。(22〜24ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:4620文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる220円
買い物カゴに入れる(読者特価)110円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
医療・バイオ > 病気・怪我と治療・検査 > 身体の疾患
update:19/09/27