日経SYSTEMS 2019/09号

サイバー攻撃最前線
9千万人の情報が閲覧可に DB設定不備が狙われる

 サーバーの設定不備を原因とした情報流出事案が相次いでいる。2019年6月には、中国の江蘇省公安部が所有する全文検索エンジン「Elasticsearch」のサーバーで9000万人以上の個人情報とビジネス記録などが閲覧可能な状態となっていたことが報じられた。 この漏洩事…(15ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:1209文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる108円
買い物カゴに入れる(読者特価)54円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
この号を購入
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
インターネットサービス > 事件・事故(インターネット関連) > サイバー攻撃・サイバーテロ
情報システム > 情報システムセキュリティ・トラブル > 不正アクセス・情報保護
政治・経済・社会 > 社会 > 社会問題
update:19/08/31