日経SYSTEMS 2019/09号

特集1 AIシステム開発 二者択一の手法
AIシステム開発 二者択一の手法

AI(人工知能)の活用が一般企業にも広まってきた。普及を後押しするのが、クラウドが提供する「学習済みAI」の充実。これまでAIは一から「自社開発」するのが一般的だったが、新たな選択肢として注目を集める。これまで通り自社開発するのか、学習済みAIを活用するのか。AIシステムの開発に当たり、二者択一で手法を選ぶ必要がある。(24〜25ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:338文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる0円
買い物カゴに入れる(読者特価)0円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
この号を購入
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

この特集全体
特集1 AIシステム開発 二者択一の手法(24〜25ページ掲載)
AIシステム開発 二者択一の手法
特集1 AIシステム開発 二者択一の手法(26〜27ページ掲載)
〔PART1〕 AIは「作る」か「使う」か
特集1 AIシステム開発 二者択一の手法(28〜31ページ掲載)
〔PART2〕 学習済みAIから選択
特集1 AIシステム開発 二者択一の手法(32〜33ページ掲載)
〔PART3〕 自社開発AIはモデルに注意
特集1 AIシステム開発 二者択一の手法(34〜35ページ掲載)
〔PART4〕 AI活用のカギを握る「育て方」
関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
インターネットサービス > クラウドサービス > 法人向けクラウドサービス
情報システム > システム設計・開発 > システム開発手法
情報システム > システム設計・開発 > システム設計手法
情報システム > システムインフラサービス・ソフト > 法人向けクラウドサービス
情報システム > 情報工学 > 人工知能
ビズボードスペシャル > 学術系 > 人工知能
Bizトレンド > キーテクノロジー > AI
update:19/08/31