日経アーキテクチュア 2019/08/22号

特集 レオパレス問題の波紋
広がる訴訟 暴かれた無責任施工の実態
サブリース契約の信頼失いオーナーと対立

「小屋裏界壁がない」。レオパレス21の施工不備が社会問題となるきっかけは、アパートオーナーの告発だった。問題の物件では、補修費用を巡る訴訟が進行中だ。発覚が遅れた遠因、サブリース契約に潜む問題とは。(16〜19ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:3593文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる270円
買い物カゴに入れる(読者特価)135円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
この号を購入
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

この特集全体
特集 レオパレス問題の波紋(8〜9ページ掲載)
レオパレス問題の波紋
特集 レオパレス問題の波紋(10〜13ページ掲載)
2つの報告書にみる問題の構図 現場軽視でチェック体制が形骸化
特集 レオパレス問題の波紋(14〜15ページ掲載)
インタビュー・蘆田茂レオパレス21緊急対策本部長 全てにおいて管理体制が不十分だった
特集 レオパレス問題の波紋(16〜19ページ掲載)
広がる訴訟 暴かれた無責任施工の実態
特集 レオパレス問題の波紋(20〜23ページ掲載)
信頼回復への道筋 「工事監理」を立て直せ
関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
建設・不動産 > 建築トラブル > 不良・トラブル(建築・土木関連)
【記事に登場する企業】
レオパレス21
update:19/08/29