日経トップリーダー 2019/09号

特集1 マンネリ思考の壊し方
〔異端児に共通する発想の広げ方〕 キーワードは「開く」思考

マンネリ思考を壊し、新しい価値を生み出している異端児には共通項がある。「開く」思考を持っている点だ。自前主義や長年変わらない価値観などを捨てている。異端児のようなオープンな思考を身につける5つのポイントを紹介する。(30〜31ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:1890文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる162円
買い物カゴに入れる(読者特価)81円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
この号を購入
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

この特集全体
特集1 マンネリ思考の壊し方(16〜17ページ掲載)
マンネリ思考の壊し方
特集1 マンネリ思考の壊し方(18〜21ページ掲載)
〔百貨店業界の異端児〕 新しい発想の源は顧客の声にある
特集1 マンネリ思考の壊し方(22〜23ページ掲載)
〔業界を代表する異端児の発想〕 需要減るひな人形でヒットを重ねる社長
特集1 マンネリ思考の壊し方(24〜25ページ掲載)
〔業界を代表する異端児の発想〕 中古品買取店なのに寄付サービスを始めた社長
特集1 マンネリ思考の壊し方(26〜27ページ掲載)
〔業界を代表する異端児の発想〕 革新に次ぐ革新、「ヤマトのり」4代目社長
特集1 マンネリ思考の壊し方(28〜29ページ掲載)
〔業界を代表する異端児の発想〕 80年ぶりに国内量産腕時計メーカーをつくった社長
特集1 マンネリ思考の壊し方(30〜31ページ掲載)
〔異端児に共通する発想の広げ方〕 キーワードは「開く」思考
特集1 マンネリ思考の壊し方(32〜35ページ掲載)
〔「世界初」を連発する町工場の発想法〕 自由な知の探索が新製品を生む
関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > その他(企業・経営・ビジネス) > その他(企業・経営・ビジネス)
企業・経営・ビジネス > ビジネススキル・ノウハウ > マネジメントスキル
企業・経営・ビジネス > 経営方針 > 経営論
企業・経営・ビジネス > マーケティング戦略 > 商品企画
企業・経営・ビジネス > マーケティング戦略 > その他(マーケティング戦略)
ビズボードスペシャル > 資格・スキル > マネジメントスキル
update:19/09/08