日経ヘルスケア 2019/09号

特集1 医療・介護の タスク・シフティング
医療・介護のタスク・シフティング
働き方改革、人材不足で取り組み必須!

特定の職種から他の職種へ業務を移管するタスク・シフティング。働き方改革や人材不足への対応が迫られる中、即効性が期待され注目が集まっている。ただ、業務の洗い出し・仕分けや職種間の調整など、思った以上に手間がかかる。(24〜25ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:605文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる0円
買い物カゴに入れる(読者特価)0円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
この号を購入
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

この特集全体
特集1 医療・介護の タスク・シフティング(24〜25ページ掲載)
医療・介護のタスク・シフティング
特集1 医療・介護の タスク・シフティング(26ページ掲載)
3分で分かる! タスク・シフティングの勘所
特集1 医療・介護の タスク・シフティング(27〜30ページ掲載)
〔TREND〕 トップダウンとボトムアップの両面から改革を
特集1 医療・介護の タスク・シフティング(31〜41ページ掲載)
〔CASE〕 救急救命士や無資格者などの活用も広がる
関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
医療・バイオ > 看護・介護 > その他(介護・看護)
医療・バイオ > 病院・薬局・施設経営 > 病院・薬局・施設経営ノウハウ
update:19/09/27