日経ヘルスケア 2019/09号

特集3 メリット見えてきた「地域医療連携推進法人」
メリット見えてきた「地域医療連携推進法人」
3年目に入って設立が加速

「連携なら、連携推進法人がなくてもできる」──。こう評されることもある地域医療連携推進法人だが、実はメリットが大きい。制度創設から3年目に入って、制度の実態や先行事例が認知されるようになり、設立が加速している。(58ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:218文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる0円
買い物カゴに入れる(読者特価)0円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
この号を購入
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

この特集全体
特集3 メリット見えてきた「地域医療連携推進法人」(58ページ掲載)
メリット見えてきた「地域医療連携推進法人」
特集3 メリット見えてきた「地域医療連携推進法人」(59〜62ページ掲載)
〔最新動向〕 各地で多様な連携モデルが続々と誕生
特集3 メリット見えてきた「地域医療連携推進法人」(63ページ掲載)
〔北河内メディカルネットワーク〕 都市部で小規模から開始、まずは共同研修で質を向上
特集3 メリット見えてきた「地域医療連携推進法人」(64〜66ページ掲載)
〔ケース1〕 日本海ヘルスケアネット 山形県酒田市、鶴岡市、遊佐町、庄内町、三川町
特集3 メリット見えてきた「地域医療連携推進法人」(67〜69ページ掲載)
〔ケース2〕 日光ヘルスケアネット 栃木県日光市
関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
医療・バイオ > 病院・薬局・施設経営 > 病院・薬局・施設経営ノウハウ
update:19/09/27