日経メディカル 2019/09号

リポート1
50代医師の過労自殺が問うもの
常勤産婦人科医2人体制で「四六時中拘束」

医師の過労死を巡る判決が相次いでいる。産婦人科医の過労自殺を労災と認めた広島地裁判決と、33歳の心臓血管内科医の急死に関して勤務先病院の責任を認めた長崎地裁判決だ。被告が控訴せず、判決が確定した産婦人科医の事例を紹介する。(22〜23ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:3296文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる165円
買い物カゴに入れる(読者特価)83円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
この号を購入
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
医療・バイオ > バイオ・医療トラブル > その他(バイオ・医療トラブル)
サービス・流通・生活・文化 > 住まい・暮らし > 生き方
update:19/09/27