日経TRENDY 2019/10号

特集3 食品ブレイク予測 2019下半期
食品ブレイク予測 2019下半期
全国の敏腕バイヤー&トレンディ編集部が厳選!

時代は低糖質疲れ? 2019年下半期に各社が力を入れるのは、男性を狙った“大容量ガッツリ系”。オフィスでそのまま食べられる冷凍米飯が新たなトレンドになりそうだ。加工食品のキーワードはコンビニ発の「悪魔」と外食発の「シビレ」。(109ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:1688文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる108円
買い物カゴに入れる(読者特価)54円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
この号を購入
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

この特集全体
特集3 食品ブレイク予測 2019下半期(109ページ掲載)
食品ブレイク予測 2019下半期
特集3 食品ブレイク予測 2019下半期(110〜111ページ掲載)
〔冷凍食品部門〕 “がっつり系”で単身男性を狙い撃ち 冷食の新領域を開拓する動きも顕著
特集3 食品ブレイク予測 2019下半期(112〜113ページ掲載)
〔加工食品部門〕 “悪魔とシビレ”がスーパーを席巻! ガツガツご飯が進む病み付きフード
特集3 食品ブレイク予測 2019下半期(114〜116ページ掲載)
〔キーワード〕 外食トレンド「ワンハンド」が波及 ポストおからはイチゴ味の大豆?
関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
サービス・流通・生活・文化 > 食品・外食産業 > 食材・食品・飲料
update:19/09/11