日経ビジネス 2019/09/23号

特集 判断力低下社会 「踏み間違い」だけじゃない 企業にも迫る危機
PART3 イオン、ヨーカ堂が大規模「サポーター」 異変は誰にでも起こる 最前線、小売りの知恵

 認知症サポーターの養成で先行しているのがライバルのイオンだ。07年から店舗での認知症対策に乗り出し、国内企業最大の7万5000人以上のサポーターを養成済み。講座の講師資格を持つ社員も900人いる。(42〜45ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:5811文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる275円
買い物カゴに入れる(読者特価)138円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
この号を購入
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

この特集全体
特集 判断力低下社会 「踏み間違い」だけじゃない 企業にも迫る危機(28〜29ページ掲載)
「踏み間違い」だけじゃない 判断力低下社会 企業にも迫る危機
特集 判断力低下社会 「踏み間違い」だけじゃない 企業にも迫る危機(30〜35ページ掲載)
PART1 高齢化により認知症だけでない問題も 迫る判断力低下社会 社長が何もかも忘れる
特集 判断力低下社会 「踏み間違い」だけじゃない 企業にも迫る危機(36〜41ページ掲載)
PART2 トラブル、訴訟……欠かせない倫理観 苦悩する百貨店、金融 売り方を変えなければ
特集 判断力低下社会 「踏み間違い」だけじゃない 企業にも迫る危機(42〜45ページ掲載)
PART3 イオン、ヨーカ堂が大規模「サポーター」 異変は誰にでも起こる 最前線、小売りの知恵
関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > 人事 > 人材育成・活用・制度
医療・バイオ > 看護・介護 > その他(介護・看護)
サービス・流通・生活・文化 > 食品・外食産業 > 食料品店・スーパー
サービス・流通・生活・文化 > 卸・小売サービス > 食料品店・スーパー
政治・経済・社会 > 社会 > 社会全般
政治・経済・社会 > 社会 > 社会問題
【記事に登場する企業】
イオン
イトーヨーカ堂
update:19/10/04