日経アーキテクチュア 2019/09/26号

特集 「挑戦の家」その後
「挑戦の家」その後
交流型プラン、10年の変化と進化

2020年代を前に、過去10年間に注目された住宅の使われ方を検証しよう─。そう考えたときに頭に浮かぶのは、「交流」や「共有(シェア)」の新たな形に挑んだものばかりだった。「ヨコハマアパートメント」(背景の写真)や「シェア矢来町」は、プランの工夫によ…(32〜33ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:822文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる0円
買い物カゴに入れる(読者特価)0円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

この特集全体
特集 「挑戦の家」その後(32〜33ページ掲載)
「挑戦の家」その後
特集 「挑戦の家」その後(34〜38ページ掲載)
ヨコハマアパートメント(横浜市) 2009
特集 「挑戦の家」その後(39〜43ページ掲載)
シェア矢来町(東京都新宿区) 2012
特集 「挑戦の家」その後(44〜47ページ掲載)
遠野市仮設住宅 希望の郷「絆」(岩手県遠野市)2011
特集 「挑戦の家」その後(48〜52ページ掲載)
tetto(川崎市) 2015
特集 「挑戦の家」その後(53〜59ページ掲載)
シェア金沢(石川県金沢市) 2014
特集 「挑戦の家」その後(60〜61ページ掲載)
持続する交流、5つのカギ
関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
建設・不動産 > 建設・建築 > 住宅設計・デザイン
update:19/10/19