日経マネー 2019/11号

岡崎良介のマーケット・アナライズ
第26回 米国の長短金利が逆転 “長期金利低下地獄”は続く

第 26 回米国で10年国債利回りが2年債を下回る“逆転現象”が発生。見逃せないのは、過去の逆転時とは全く異なる逆転までのプロセスだ。2019年8月14日、米国債券市場において、10年物国債利回りが2年物国債利回りを瞬間的に下回り、長短金利の逆転現象が発生した…(136〜137ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:2671文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる165円
買い物カゴに入れる(読者特価)83円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
政治・経済・社会 > 世界経済・貿易 > 海外景気動向・対策
update:19/10/25