日経ビジネス 2019/09/30号

時事深層 INSIDE STORY
消費増税“胃袋争奪戦”に異状あり 笑うコンビニ、泣く外食

 9月18日、セブン-イレブン・ジャパンは都内で秋冬商品の展示会を開いた。電子レンジで温めるだけで食べられる商品を次々に発表した高橋広隆執行役員商品本部長は「価格競争をするつもりはない」「増税を考慮して商品の考え方を変えることはなかった」と話し…(14〜15ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:3087文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる165円
買い物カゴに入れる(読者特価)83円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
この号を購入
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > 経営方針 > オピニオン・経営戦略
サービス・流通・生活・文化 > 食品・外食産業 > レストラン・飲食店
サービス・流通・生活・文化 > 卸・小売サービス > コンビニエンスストア
政治・経済・社会 > 国内財政 > 税金・国債
【記事に登場する企業】
セブン-イレブン・ジャパン
update:19/10/07