日経ビジネス 2019/09/30号

特集 リブラ・インパクト お金と国の進化論
EPILOGUE 可視化される「信用」 お金が消える日

 『振り子の金融史観』などの著書がある東京海上アセットマネジメント執行役員の平山賢一氏は、「テクノロジーの進化によってモノは記録・スコア化される。そうなれば、わざわざお金でモノの価値を表現しなくてもいい時代がくる」とみる。 40ページの通貨の…(55〜57ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:4699文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる220円
買い物カゴに入れる(読者特価)110円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
この号を購入
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

この特集全体
特集 リブラ・インパクト お金と国の進化論(30〜31ページ掲載)
リブラ・インパクト お金と国の進化論
特集 リブラ・インパクト お金と国の進化論(32〜33ページ掲載)
PROLOGUE 潜在利用者24億人の衝撃 リブラが突きつけた挑戦状
特集 リブラ・インパクト お金と国の進化論(34〜37ページ掲載)
PART1 デジタル技術が生むリブラの「相似形」 勃興する独自通貨経済圏
特集 リブラ・インパクト お金と国の進化論(38〜39ページ掲載)
INTERVIEW リブラの破壊力とお金の未来
特集 リブラ・インパクト お金と国の進化論(40〜41ページ掲載)
COLUMN 貨幣の歴史、変わる価値の裏付け
特集 リブラ・インパクト お金と国の進化論(42〜47ページ掲載)
PART2 通貨と国家のせめぎ合いに市民も参戦 国に立ち向かう反逆者たち
特集 リブラ・インパクト お金と国の進化論(48〜51ページ掲載)
PART3 “仮想国家”をつくるエストニアの挑戦 世界で「関係人口」増やす
特集 リブラ・インパクト お金と国の進化論(52〜53ページ掲載)
PART3 “仮想国家”をつくるエストニアの挑戦 世界で「関係人口」増やす 特異な歴史が生む未来国家
特集 リブラ・インパクト お金と国の進化論(54ページ掲載)
COLUMN 通貨の将来は脳内物質が決める?
特集 リブラ・インパクト お金と国の進化論(55〜57ページ掲載)
EPILOGUE 可視化される「信用」 お金が消える日
関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
インターネットサービス > EC > ネット決済・電子マネー
政治・経済・社会 > 社会 > 社会全般
update:19/10/07