日経ビジネス 2019/09/30号

ケーススタディー 製品開発
中外製薬(製薬大手) 大型薬誕生の舞台裏

 ここで必要になるのが、「二重特異性抗体」だ。抗体は体内に入ってきた異物を捕まえて排除する免疫システムの担い手で、Y字形の左右の手がそれぞれ同じ標的に結合する仕組み。一方、左右の手が別々の標的にくっつくようにしたのが、二重特異性抗体だ。(74〜77ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:5921文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる275円
買い物カゴに入れる(読者特価)138円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
この号を購入
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > 経営方針 > オピニオン・経営戦略
医療・バイオ > 医薬品 > 薬品
医療・バイオ > 医薬品 > 創薬
【記事に登場する企業】
中外製薬
スイス・ロシュ社
update:19/10/07