日経エレクトロニクス 2019/11号

Emerging Biz テクノ大喜利
自動運転技術の成熟と社会実装にはレベル3ではなくレベル2+が必須か
【テクノ大喜利まとめ】改めて問う、レベル3自動運転の意義

 レベル3対応の自動運転車の存在意義に、疑問を呈する声を聞くようになった。レベル3対応とは、米国の自動車工業会(SAE)が自動運転技術を6段階にレベル分けしたものの1つで、「限定条件の下でシステムがすべての運転作業を行うが、緊急事態が発生した際など…(100〜101ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:2255文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる165円
買い物カゴに入れる(読者特価)83円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
この号を購入
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
エレクトロニクス > エレクトロニクス設計・製造 > 設計(エレクトロニクス)
車・機械・家電・工業製品 > 車・バイク(製造) > ITS・自動車情報システム
Bizトレンド > キーテクノロジー > 自動運転
update:19/10/27