日経ビジネス 2019/10/28号

特集 AI未満人材 教育劣化ニッポンの現実
AI未満人材 教育劣化ニッポンの現実

レベルの低下がかねて指摘されてきた日本の教育。様々な改革にもかかわらず、その劣化は止まらない。ついには、社会に出て「引き算」を習ったり、母国語なのに日本語をうまく使いこなせなかったりする人まで現れ始めた。(36〜37ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:369文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる0円
買い物カゴに入れる(読者特価)0円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
この号を購入
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

この特集全体
特集 AI未満人材 教育劣化ニッポンの現実(36〜37ページ掲載)
AI未満人材 教育劣化ニッポンの現実
特集 AI未満人材 教育劣化ニッポンの現実(38〜45ページ掲載)
PART1 量産される「AI未満人材」 日本人の3分の1は日本語が読めない!?
特集 AI未満人材 教育劣化ニッポンの現実(46〜49ページ掲載)
PART2 これぞ競争力を高める教育 北欧・スウェーデンに「学ばぬ人」がいない理由
特集 AI未満人材 教育劣化ニッポンの現実(50〜51ページ掲載)
PART3 日本と主要6カ国の教育事情 即戦力の養成が主流 日本型は英国だけ
特集 AI未満人材 教育劣化ニッポンの現実(52〜55ページ掲載)
PART4 人材力低下を止める道 新しい教育、長期で模索 「企業内学校」の再整備も
関連カテゴリ・企業名
update:19/11/04