日経ヘルスケア 2019/11号

特集2 働き方改革の本丸?「同一労働同一賃金」に備える
〔制度解説〕 待遇差の説明を求められたらどう答える?

 働き方改革関連法の主要項目として挙がる「有給休暇取得の義務化」については法人の規模を問わず、「残業時間の上限規制」については大規模法人(医療機関や介護事業者の場合は常時使用する従業員が100人超)で2019年4月から適用が始まっている。「同…(40〜43ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:4568文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる275円
買い物カゴに入れる(読者特価)138円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
この号を購入
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

この特集全体
特集2 働き方改革の本丸?「同一労働同一賃金」に備える(39ページ掲載)
働き方改革の本丸?「同一労働同一賃金」に備える
特集2 働き方改革の本丸?「同一労働同一賃金」に備える(40〜43ページ掲載)
〔制度解説〕 待遇差の説明を求められたらどう答える?
特集2 働き方改革の本丸?「同一労働同一賃金」に備える(44〜47ページ掲載)
〔CASE〕 給与規定や人事考課などを抜本的に変革
関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
医療・バイオ > 病院・薬局・施設経営 > 病院・薬局・施設経営ノウハウ
update:19/11/17