日経SYSTEMS 2019/12号

特集1 2025年の崖を越える
〔PART3〕 事業とITの両輪で取り組む推進体制
ユーザーを「お客様」にしない企業風土の変革も手がける

2025年の崖を回避するために必要なのはシステム対策だけではない。事業とITの視点を取り込んだ、DXに向く開発体制の構築が重要になる。開発者とユーザーに求められる新たな役割とは。(42〜43ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:2541文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる165円
買い物カゴに入れる(読者特価)83円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
この号を購入
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

この特集全体
特集1 2025年の崖を越える(32〜33ページ掲載)
2025年の崖を越える
特集1 2025年の崖を越える(34〜37ページ掲載)
〔PART1〕 ZOZOが挑む最新アーキテクチャー
特集1 2025年の崖を越える(38〜41ページ掲載)
〔PART2〕 技術的負債を解消せよ
特集1 2025年の崖を越える(42〜43ページ掲載)
〔PART3〕 事業とITの両輪で取り組む推進体制
関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > 人事 > 人材育成・活用・制度
企業・経営・ビジネス > 企業・組織 > その他(企業・組織)
情報システム > その他(情報システム) > その他(情報システム)
情報システム > システム設計・開発 > システム開発手法
情報システム > システム設計・開発 > システム設計手法
情報システム > 基幹業務システム > その他(基幹業務システム)
Bizトレンド > ITとの融合 > DX(デジタルトランスフォーメーション)
update:19/11/21