日経メディカル 2019/12号

リポート2
人工乳房の自主回収で露呈した課題
1社依存からの脱却が急務、再生医療が救世主になれるか

 乳房の再建術には、インプラント法のほかに、体の一部の皮弁(皮膚、脂肪や筋肉など)を用いる皮弁法がある。だが、皮弁を採取した部分に新しい傷ができ、手術時間も入院期間も長くなることから、インプラントに比べて患者にも医師にも負担が大きい。(26〜27ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:3351文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる165円
買い物カゴに入れる(読者特価)83円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
医療・バイオ > 病気・怪我と治療・検査 > 身体の疾患
医療・バイオ > 病気・怪我と治療・検査 > その他(病気・怪我)
医療・バイオ > バイオ・医療トラブル > その他(バイオ・医療トラブル)
Bizトレンド > キーテクノロジー > 再生医療
【記事に登場する企業】
アラガン・ジャパン
update:20/04/20