日経パソコン 2019/12/23号

60分で学ぶExcel関数 条件判定編
第3回 多くの条件から1つの結果を求める

今回は、複数の選択肢の中から1つの値を求めるための関数を紹介する。特定の値、または数値の範囲に対応する値を返すという使い方ができる。CHOOSE関数のほか、新しいIFS関数とSWITCH関数も活用しよう。(62〜65ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:4579文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる275円
買い物カゴに入れる(読者特価)138円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > ビジネススキル・ノウハウ > ビジネススキル・ノウハウ一般
パソコン・デジタルギア > パソコン用ソフト > オフィスソフト
情報システム > IT関連スキルアップ・資格 > ITスキル
ビズボードスペシャル > 資格・スキル > ビジネススキル・ノウハウ一般
ビズボードスペシャル > 資格・スキル > ITスキル
日経パソコンEdu用記事(非表示) > Officeソフト入門&活用 > Excelの関数
update:20/02/19