日経マネー 2020/02号

特集3 大災害時代の正しい保険の入り方
地震保険の仕組みと正しい入り方
大地震による家屋損壊、津波被害に備える

これまで何度も大地震に見舞われてきた日本。今後も高い確率で巨大地震の発生が予測されているにもかかわらず、全世帯に占める地震保険加入世帯は3割にすぎない。地震保険の必要性を理解した上で、きちんと加入しておきたい。(112〜113ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:2386文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる165円
買い物カゴに入れる(読者特価)83円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

この特集全体
特集3 大災害時代の正しい保険の入り方(106〜107ページ掲載)
大災害時代の正しい保険の入り方
特集3 大災害時代の正しい保険の入り方(108〜109ページ掲載)
自然災害への備えの基本を知ろう
特集3 大災害時代の正しい保険の入り方(110〜111ページ掲載)
火災保険の仕組みと正しい入り方
特集3 大災害時代の正しい保険の入り方(112〜113ページ掲載)
地震保険の仕組みと正しい入り方
関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
サービス・流通・生活・文化 > 金融・保険 > 金融商品・サービス
サービス・流通・生活・文化 > 金融・保険 > 保険商品・サービス
メディアトレンド > Work&Life > お金
update:20/01/21