日経マネー 2020/02号

岡崎良介のマーケット・アナライズ
第29回 収縮を続ける最下層資産 ロシア危機後の相場に注目

第29回 米国株市場が高値をうかがう中、低格付け債が“見捨てられた資産”と化している。この現象は何を意味するのか。 適温相場の再来が噂される一方で、見捨てられている資産が米国にある。最も信用リスクが高いとされるトリプルC格以下の債券だ。(126〜127ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:2672文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる165円
買い物カゴに入れる(読者特価)83円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
サービス・流通・生活・文化 > 金融・保険 > 金融商品・サービス
政治・経済・社会 > 国内財政 > 株・投資動向
政治・経済・社会 > 国内経済 > 株・投資動向
政治・経済・社会 > 世界経済・貿易 > 海外景気動向・対策
メディアトレンド > Work&Life > お金
update:20/01/21