日経ビジネス 2020/01/06号

特集 終焉 GAFAの時代 企業と国家の未来
PART4 国家と企業、溶ける境界線 テックが決めるGAFA後の覇者

 米中貿易戦争が長期化する中、人民元が国際通貨として信認度を増す意味は大きい。第2次世界大戦後の世界秩序維持において、米国はドルが国際基軸通貨として存在することの強みを最大限に生かしてきたからだ。独裁国家による大量破壊兵器の保有や使用、テロ…(38〜43ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:9263文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる385円
買い物カゴに入れる(読者特価)193円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
この号を購入
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

この特集全体
特集 終焉 GAFAの時代 企業と国家の未来(22〜23ページ掲載)
終焉 GAFAの時代 企業と国家の未来
特集 終焉 GAFAの時代 企業と国家の未来(24〜29ページ掲載)
PART1 覇権の終わりの始まり 帝国になったGAFA 世界で民衆蜂起
特集 終焉 GAFAの時代 企業と国家の未来(30〜33ページ掲載)
PART2 「GAFAの天敵」が語った信念 「責任果たせ」 始まった国の反撃
特集 終焉 GAFAの時代 企業と国家の未来(34〜37ページ掲載)
PART3 プラットフォーマーの未来形 国家の隙間埋める 「地球インフラ」に
特集 終焉 GAFAの時代 企業と国家の未来(38〜43ページ掲載)
PART4 国家と企業、溶ける境界線 テックが決めるGAFA後の覇者
関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > 人事 > 経営陣・キーマン
企業・経営・ビジネス > 経営方針 > オピニオン・経営戦略
情報システム > 情報工学 > 人工知能
ビズボードスペシャル > 学術系 > 人工知能
Bizトレンド > キーテクノロジー > AI
Bizトレンド > 電子マネー・仮想通貨 > 仮想通貨
Bizトレンド > ビジネス・サービス > GAFA・BATH
【記事に登場する企業】
カナダ政府
中国人民銀行
中国政府
デンマーク政府
米フェイスブック社
update:20/01/13