日経ものづくり 2020/01号

特集1 ものづくりの“循環革命”
〔Part4 海外技術〕 欧州プラ業界のリサイクル技術 材料と機械の両面で進む

 3年に1度開催される、プラスチック・ゴムに関する国際展示会「K」(「K2019」は2019年10月16〜23日、ドイツ・メッセデュッセルドルフ)。今回の主テーマが「サーキュラーエコノミー(循環型経済)」だった。 K2019の主催者メッセデュッセルドルフは、欧州のプラス…(58〜63ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:4435文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる385円
買い物カゴに入れる(読者特価)193円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
この号を購入
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

この特集全体
特集1 ものづくりの“循環革命”(37ページ掲載)
ものづくりの“循環革命”
特集1 ものづくりの“循環革命”(38〜39ページ掲載)
〔図解〕 サーキュラーエコノミーの世界
特集1 ものづくりの“循環革命”(40〜45ページ掲載)
〔Part1 総論〕 エコだけが目的ではない循環経済 価値の主役は所有から利用へ
特集1 ものづくりの“循環革命”(46〜51ページ掲載)
〔Part2 生分解性プラスチック〕 海洋汚染防止の最後の砦 究極の分解性と製品特性を両立
特集1 ものづくりの“循環革命”(52〜57ページ掲載)
〔Part3 ケーススタディ〕 再利用を前提に長寿命化 循環させやすい製品開発も
特集1 ものづくりの“循環革命”(58〜63ページ掲載)
〔Part4 海外技術〕 欧州プラ業界のリサイクル技術 材料と機械の両面で進む
関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
車・機械・家電・工業製品 > 素材・部材 > 樹脂・プラスチックス
車・機械・家電・工業製品 > 環境・エコロジー(車・機械) > リサイクル・廃棄物処理
ビズボードスペシャル > 環境 > リサイクル・廃棄物処理
ビズボードスペシャル > 素材 > 樹脂・プラスチックス
Bizトレンド > キーテクノロジー > 新材料
update:20/01/08