日経ESG 2020/02号

ヨーロッパESG最前線
第47回 ドイツ電力RWEが脱炭素
褐炭・石炭から再エネ転換 2040年の排出ゼロ目指す

 RWEはドイツ最大の発電事業者である。1898年にルール工業地帯の褐炭発電会社として産声を上げた老舗が、再エネ発電事業者に生まれ変わるとの決定を下した。この国のエネルギー転換が電力市場に及ぼす変化の大きさを象徴する出来事だろう。(98〜99ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:2429文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる165円
買い物カゴに入れる(読者特価)83円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
この号を購入
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に登場する企業】
独エル・ヴェー・エー(RWE)社
update:20/01/15