日経アーキテクチュア 2020/01/09号

建築訴訟「ここが知りたい」
第25回 違法な擁壁で売買代金相当の賠償命令
宅造法許可なく増し積み、説明義務違反を認定

㉕傾斜地では擁壁トラブルが絶えず起こっている。分譲住宅の引き渡し後、宅地造成等規制法(宅造法)違反を指摘され、事業者が売買代金相当の損害賠償を命じられた裁判例を紹介する。(本誌) 今回取り上げるのは、兵庫県宝塚市の傾斜地に立つ住宅を巡るトラ…(23〜25ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:3119文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる220円
買い物カゴに入れる(読者特価)110円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
この号を購入
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
建設・不動産 > 建築トラブル > 不良・トラブル(建築・土木関連)
update:20/01/16