日経アーキテクチュア 2020/01/09号

特集1 新建築士“超”入門
新制度を徹底解説 3実務経験の審査を厳格化 実務経験は「登録時」にチェック
担当業務の詳細を提出させて厳しく審査

新制度を徹底解説③実務経験の審査を厳格化新たな建築士制度では、これまで一級建築士試験の受験時の要件だった実務経験が「免許登録要件」となった。試験の合格後に実務経験を申告し、審査に合格することで、晴れて一級建築士になれる。 新制度では実務経験…(46〜47ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:1724文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる165円
買い物カゴに入れる(読者特価)83円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
この号を購入
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

この特集全体
特集1 新建築士“超”入門(36〜37ページ掲載)
新建築士〝超〟入門
特集1 新建築士“超”入門(38〜39ページ掲載)
改正建築士法の位置付け 2020年、新建築士試験が始動
特集1 新建築士“超”入門(40〜41ページ掲載)
新制度を徹底解説 1受験資格の見直し 大卒で即座に受験可能に
特集1 新建築士“超”入門(42〜45ページ掲載)
新制度を徹底解説 2実務経験の対象拡大 調査や専門工事などに門戸開く
特集1 新建築士“超”入門(46〜47ページ掲載)
新制度を徹底解説 3実務経験の審査を厳格化 実務経験は「登録時」にチェック
特集1 新建築士“超”入門(48〜49ページ掲載)
新制度を徹底解説 4図書保存義務の拡大 4号建築物の壁量計算も対象
特集1 新建築士“超”入門(50〜51ページ掲載)
改正士法への反応 1企業編 「資格者の確保に有益」と歓迎
特集1 新建築士“超”入門(52〜55ページ掲載)
改正士法への反応 2大学編 修士1年が受験と就活で終了?
特集1 新建築士“超”入門(56〜57ページ掲載)
積み残した課題 製図試験の見直しなどは先送り
特集1 新建築士“超”入門(58〜59ページ掲載)
インタビュー 眞鍋純 国土交通省住宅局長 「建築士の活躍の場は広がる」
関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
建設・不動産 > 規格・法令・資格(建設・不動産) > 建築関連の資格
ビズボードスペシャル > 資格・スキル > 建築関連の資格
update:20/01/16