日経コンピュータ 2020/01/09号

キーワード
分解性IoTデバイス(Bio−degradable IoT device)

 自然界の中で微生物が分解できる材料でつくられたIoT(インターネット・オブ・シングズ)デバイスで、企業や大学・研究機関で開発が進んでいる。橋や道路といったインフラ設備への設置など野外での利用を想定し、環境負荷の低減を目指す。 現在、多くの企業…(78ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:1317文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる110円
買い物カゴに入れる(読者特価)55円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
この号を購入
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
車・機械・家電・工業製品 > 環境・エコロジー(車・機械) > リサイクル・廃棄物処理
情報システム > その他(情報システム) > その他(情報システム)
ビズボードスペシャル > 環境 > リサイクル・廃棄物処理
Bizトレンド > キーテクノロジー > IoT
Bizトレンド > キーテクノロジー > 新材料
メディアトレンド > ICT > IT経営
メディアトレンド > 技術トレンド > IoT技術
update:20/01/16