日経メディカル 2020/01号

特集 「新型」医療訴訟がやってきた
〔高齢者医療の新たな火種〕 入院中の脆弱性骨折をトラブル化させるその一言

 高齢者医療の新たな火種 高齢化の進展などを背景に、高齢患者に関する訴訟が目立つようになった。中でも、入院中、わずかな外力で骨折を生じたケースに対して、「お年のせい」と安易に説明してしまうことで、大きなトラブルに発展することが少なくない。(58〜61ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:5412文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる275円
買い物カゴに入れる(読者特価)138円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

この特集全体
特集 「新型」医療訴訟がやってきた(52〜53ページ掲載)
「新型」医療訴訟がやってきた
特集 「新型」医療訴訟がやってきた(54〜57ページ掲載)
〔専門分化の落とし穴〕 画像診断報告書を見落とすと過失は必至、裁判長期化も
特集 「新型」医療訴訟がやってきた(58〜61ページ掲載)
〔高齢者医療の新たな火種〕 入院中の脆弱性骨折をトラブル化させるその一言
特集 「新型」医療訴訟がやってきた(62〜64ページ掲載)
増加中の「新顔」弁護士は手強い?それとも…
特集 「新型」医療訴訟がやってきた(65〜69ページ掲載)
〔裁判官、医療側・患者側弁護士 特別座談会〕 医療訴訟はこう変わった!
関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
医療・バイオ > 法令・資格(医療・バイオ) > 医療・バイオの法令全般
医療・バイオ > バイオ・医療トラブル > その他(バイオ・医療トラブル)
ビズボードスペシャル > 法令 > 医療・バイオの法令全般
update:20/02/22