日経PC21 2020/04号

特集2 ウイルス・詐欺の最新手口
〔基本編1〕 詐欺メールの大半は見抜ける。基本を再確認

フィッシング詐欺などの被害者にならないためには、入り口となっている詐欺師からのメール(詐欺メール)を見抜けるようになることが重要だ(図1)。詐欺メールであると判断できれば、無視して捨ててしまえばよい。 肝心なのはメールの内容を注意…(58〜60ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:1597文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる220円
買い物カゴに入れる(読者特価)110円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
この号を購入
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

この特集全体
特集2 ウイルス・詐欺の最新手口(55ページ掲載)
ウイルス・詐欺の最新手口
特集2 ウイルス・詐欺の最新手口(56〜57ページ掲載)
〔総論〕 最新のネット脅威は“常識”が通用しない
特集2 ウイルス・詐欺の最新手口(58〜60ページ掲載)
〔基本編1〕 詐欺メールの大半は見抜ける。基本を再確認
特集2 ウイルス・詐欺の最新手口(61ページ掲載)
〔基本編2〕 2段階認証でアカウントの“乗っ取り”をブロック
特集2 ウイルス・詐欺の最新手口(62〜63ページ掲載)
〔最新事情編1〕 知人からのメールで感染する「エモテット」
特集2 ウイルス・詐欺の最新手口(64〜65ページ掲載)
〔最新事情編2〕 絶対安心の2段階認証を突破する詐欺の脅威
特集2 ウイルス・詐欺の最新手口(66〜67ページ掲載)
〔最新事情編3〕 タップ厳禁! スマホSMSを悪用した詐欺が急増
特集2 ウイルス・詐欺の最新手口(68ページ掲載)
〔最新事情編4〕 正規ドメインのフィッシングサイトが出現!
特集2 ウイルス・詐欺の最新手口(69ページ掲載)
〔最新事情編5/6〕 心当たりがない海外からの着信 高額な国際電話料金が請求される/iPhoneに突然わいせつ画像「エアドロップ」機能を悪用
特集2 ウイルス・詐欺の最新手口(70〜71ページ掲載)
〔コラム〕 強固なパスワードは桁数の多さが重要、使い回しは厳禁!
関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
情報システム > 情報システムセキュリティ・トラブル > コンピュータウイルス・対策
update:20/03/26