日経ESG 2020/04号

News TCFD
TCFDに基づきリスクを定量評価
三井住友FG、気候の財務影響示す

 世界でTCFD提言に基づく開示が加速し、今年2月末までに世界1060社が提言に賛同した。だが多くの企業は、国際エネルギー機関(IEA)などのシナリオに基づき気候リスクを分析し、「大きい」「中程度」などと定性的に開示している。 ESGの専門家は「TCFD開示を参照…(17ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:1296文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる110円
買い物カゴに入れる(読者特価)55円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
この号を購入
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > 経営方針 > 環境方針
ビズボードスペシャル > 環境 > 環境方針
メディアトレンド > ビジネス・経済 > ESG
【記事に登場する企業】
三井住友フィナンシャルグループ
update:20/03/15