日経ドラッグインフォメーション 2020/03号

ヒヤリハット事例に学ぶ
硝酸貼付薬を消炎鎮痛薬の湿布と混同
貼付薬に関するトラブル事例

 CASE2は30代の女性の鶏眼(魚の目)に、CASE3は50代の男性の疣贅(ゆうぜい、いわゆるいぼ)に、スピール膏M(サリチル酸)が処方された事例である。同薬は、疣贅、鶏眼、胼胝腫(べんちしゅ、いわゆるたこ)の角質剥離に使用する貼付薬で、患部大(患部と同じ大…(22〜24ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:4797文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる220円
買い物カゴに入れる(読者特価)110円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
医療・バイオ > 医薬品 > 処方・服薬
update:20/03/31