日経Automotive 2020/04号

Features
自動車メーカー “稼ぐ力”で明暗
19年度3Q決算から

 一方、トヨタは逆風下でも好業績を維持した。その要因は、(1)車両開発手法「TNGA(トヨタ・ニュー・グローバル・アーキテクチャー)」を適用する車種の拡大、(2)全社で取り組む原価低減活動、(3)世界市場を相互補完する販売体制である。特に第3の販売体…(54〜57ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:4862文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる275円
買い物カゴに入れる(読者特価)138円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
この号を購入
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > 財務 > 業績
車・機械・家電・工業製品 > 車・バイク(製品・販売) > その他(車・バイク−製品・販売)
メディアトレンド > エレクトロニクス > クルマ技術/動向
【記事に登場する企業】
スズキ
トヨタ自動車
日産自動車
SUBARU(旧:富士重工業)
ホンダ
マツダ
三菱自動車
update:20/03/18