日経ビジネス 2020/03/30号

テクノトレンド
113 建設材料に繊維強化プラスチック 鉄とコンクリに代わる3新素材

土木構造物の部材として「FRP(繊維強化プラスチック)」の実用化が始まっている。建設材料の代名詞といえる「鉄」と「コンクリート」を超える汎用材として定着するか。炭素、バサルト、アラミドという注目の「3大FRP」の最新動向を追った。(122〜124ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:3782文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる220円
買い物カゴに入れる(読者特価)110円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > 経営方針 > オピニオン・経営戦略
車・機械・家電・工業製品 > 素材・部材 > 繊維
車・機械・家電・工業製品 > 素材・部材 > 樹脂・プラスチックス
建設・不動産 > 建設資材・設備 > 建築資材
建設・不動産 > 建設・建築 > 建築資材
ビズボードスペシャル > 素材 > 繊維
ビズボードスペシャル > 素材 > 樹脂・プラスチックス
【記事に登場する企業】
アルテクロス
オリエンタル白石
鉄道総合技術研究所
東京製綱
戸田建設
update:20/04/06