日経ビジネス 2020/04/06号

時事深層 INDUSTRY
新型コロナ、ボーイングを米政府が救済 航空機業界、「官製化」色濃く

 米政府によるボーイング支援は初めてではない。04年以降、米政府とEU(欧州連合)はボーイングと欧州エアバスへの互いの補助金が違法だと主張し合っていた。WTO(世界貿易機関)での紛争は15年間続き、現在はお互いに報復関税を発動するに至っている。(16ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:1607文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる110円
買い物カゴに入れる(読者特価)55円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
この号を購入
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
車・機械・家電・工業製品 > その他乗り物製造 > 飛行機・ロケット
政治・経済・社会 > 政治 > 海外政治・国際問題
メディアトレンド > ビジネス・経済 > 市場動向
【記事に登場する企業】
米国政府
米ボーイング社
三菱重工業
update:20/04/13